鯱バス株式会社

トップページ > 安全への取り組み

安全性評価認定三ツ星

当社は、「安全・無事故」を第一に掲げ、
社長以下全従業員が一丸となって
輸送の安全確保に、
次の通り取り組んでいます。

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

1.輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、安全管理規程を定め安全の確保を最優先した事業運営を図ります。
2.運輸安全マネジメント(PDCAサイクル)を確実に実施し、全従業員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

2. 輸送の安全に関する目標

1.重大事故(自動車事故報告規則に定める事故)ゼロ件
2.有責事故発生件数 前年度対比30%減の9件以内に抑える。(平成29年度 14件)
  人身事故ゼロ件・直進時ゼロ件

3. 事故に関する統計

●自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
 平成29年度  1件
(内訳)   人身事故 1件(後方追突:他責)

●その他有責事故に関する統計
 平成29年度 14件
(内訳)   人身事故     0件
       物損事故(軽微)  13件
       物損事故(重度)  1件
       車輌故障     0件

5. 輸送の安全に関する重点施策

1.輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
2.輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
3.輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
4.輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有します。
5.輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施します。

6. 輸送の安全に関する計画

別表
・ 平成30年度 安全に関する予算(PDF)

7. 事故、災害等に関する報告連絡体制

別表
・ 事故、災害発生時緊急連絡体制及び指示系統(PDF)

9. 輸送の安全に関する予算

平成30年度輸送の安全に関する予算
安全対策・各種講習会等  21,100千円

10. 安全統括管理者・安全管理規程

安全統括管理者  
専務取締役 運行部長 白谷雅之
別表
・ 安全管理規程(PDF)

TOPへ